AWSIT

AWS Global Acceleratorとは|AWS認定試験対策

当ブログの内容は筆者の経験と知識に基づいていますが、AWSのサービスおよび認定試験は定期的にアップデートされています。もし記事に誤りや古い情報がある場合、お手数ですが「コメント」や「お問い合わせ」からお知らせいただければ幸いです。読者の皆様からの貴重なフィードバックを歓迎しており、正確かつ有益な情報を提供できるよう努めてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

AWS Global Acceleratorとは

はじめに

AWS Global Acceleratorは、グローバルなユーザーに対してアプリケーションの可用性とパフォーマンスを向上させるためのネットワークサービスです。この記事では、AWS認定試験に出題されるポイントに焦点を当て、Global Acceleratorの基本機能、重要な概念、CloudFrontとの違い、および試験対策のために押さえておくべき事項について詳しく解説します。

Global Acceleratorの基本機能

Global Acceleratorは以下の機能を提供します。これらは認定試験でも重要なポイントです。

  • グローバルな接続性の向上:AWSのグローバルネットワークを利用して、ユーザーのリクエストを最適なエンドポイントにルーティングし、パフォーマンスを向上させます。
  • 静的IPアドレス:固定された2つのIPアドレスを使用することで、アプリケーションのIPアドレスを変更せずにエンドポイントを切り替えることが可能です。
  • ヘルスチェックとフェイルオーバー:エンドポイントのヘルスチェックを行い、障害が発生した場合に他のエンドポイントに自動的にフェイルオーバーします。
  • トラフィックの最適化:トラフィックを最適なAWSリージョンにルーティングし、遅延を最小限に抑えます。

Global Acceleratorの重要な概念

認定試験に出題されるGlobal Acceleratorの重要な概念について詳しく説明します。

  1. アクセラレータ
    • 説明:Global Acceleratorの基本単位で、ユーザーのリクエストを受け取るエントリーポイントとなる2つのAnycast IPアドレスで構成されています。
    • 利点:ユーザーは固定されたIPアドレスを使用してアプリケーションにアクセスできるため、DNS設定を頻繁に変更する必要がありません。
  2. リスナー
    • 説明:特定のポートとプロトコル(TCPまたはUDP)でリクエストを受け取る役割を果たします。
    • 利点:1つのアクセラレータ内に複数のリスナーを定義できるため、要件に応じた柔軟な設定が可能となっています。
  3. エンドポイントグループ
    • 説明:特定のAWSリージョン内のエンドポイント(例:ALB、NLB、EC2インスタンス)をグループ化したものです。
    • 利点:リージョンごとにトラフィックの重み付けやヘルスチェックの設定が可能で、最適なエンドポイントへのルーティングを実現します。
  4. ヘルスチェック
    • 説明:エンドポイントの健康状態を監視し、異常が検出された場合に他のエンドポイントにトラフィックを転送します。
    • 利点:アプリケーションの高可用性を確保し、ユーザーの中断を最小限に抑えます。

CloudFrontとの違い

AWS Global AcceleratorとCloudFrontはどちらもパフォーマンスと可用性を向上させるためのサービスですが、異なる用途に特化しています。以下は主な違いです。

  • 用途
    • Global Accelerator:アプリケーション全体のトラフィックを最適化し、固定IPアドレスを提供することで、ユーザーのリクエストを最適なエンドポイントにルーティングします。
    • CloudFront:主に静的および動的コンテンツの配信に使用されるCDNサービスで、キャッシングによりコンテンツの配信を高速化します。
  • トラフィックの種類
    • Global Accelerator:TCPおよびUDPトラフィックをサポートし、アプリケーションの全体的なパフォーマンスを向上させます。
    • CloudFront:HTTPおよびHTTPSトラフィックを最適化し、主にウェブコンテンツの配信に焦点を当てています。
  • 固定IPアドレス
    • Global Accelerator:固定のIPアドレスを提供し、ユーザーのリクエストを最適なエンドポイントにルーティングします。この固定IPアドレスは変更されず、アクセラレータの背後にあるエンドポイントが変更されても同じIPアドレスを使用し続けることができます。
    • CloudFront:エッジロケーションのIPアドレスは動的で、固定IPアドレスは提供しません。
  • キャッシング
    • Global Accelerator:キャッシング機能はなく、トラフィックのルーティングと最適化に重点を置いています。
    • CloudFront:コンテンツをキャッシュして、オリジンサーバーへのリクエスト数を削減し、配信パフォーマンスを向上させます。

具体的なユースケース

Global Acceleratorの具体的なユースケースは、試験問題のシナリオベースの質問にも役立ちます。

  1. グローバルなアプリケーションのパフォーマンス向上
    • シナリオ:複数のAWSリージョンにデプロイされたアプリケーションのパフォーマンスを最適化。
    • 設定:Global Acceleratorを使用して、ユーザーのリクエストを最適なリージョンにルーティングし、低レイテンシーを実現。
  2. 高可用性の確保
    • シナリオ:複数のエンドポイントでアプリケーションを運用し、高可用性を確保。
    • 設定:Global Acceleratorのヘルスチェックと自動フェイルオーバーを使用して、障害時に他のエンドポイントにトラフィックを転送。
  3. セキュアなアクセス
    • シナリオ:セキュリティが要求されるアプリケーションのグローバルアクセスを確保。
    • 設定:固定IPアドレスとAWS Shieldを使用して、セキュアで一貫したアクセスを提供。

認定試験のポイント

認定試験では、以下の点に特に注意して学習しましょう。

  • アクセラレータの構成:アクセラレータ、リスナー、エンドポイントグループの構成方法と役割を理解。
  • ヘルスチェック:ヘルスチェックの設定とフェイルオーバーの動作を理解。
  • Global AcceleratorとCloudFrontの違い:用途、トラフィックの種類、固定IPアドレスの有無、キャッシング機能の違いを理解。

まとめ

AWS Global Acceleratorとは?AWS認定試験対策

AWS Global Acceleratorは、グローバルなアプリケーションのパフォーマンスと可用性を向上させるための強力なネットワークサービスです。認定試験では、Global Acceleratorの機能、重要な概念、CloudFrontとの違い、および具体的なユースケースについての理解が求められます。この記事を参考に、試験対策を進めてください。

次回の記事では、「Amazon Route 53」について詳しく解説します。お楽しみに!

参考

・AWS公式
https://aws.amazon.com/jp/global-accelerator/

【おすすめの参考書】

リンク先からご購入いただき、サイト運営をご支援いただけますと幸いです…

\タイムセール中/
Amazonで探す
\お買い物マラソン開催中/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました