AWSIT

Elastic Load Balancingとは|AWS認定試験対策

当ブログの内容は筆者の経験と知識に基づいていますが、AWSのサービスおよび認定試験は定期的にアップデートされています。もし記事に誤りや古い情報がある場合、お手数ですが「コメント」や「お問い合わせ」からお知らせいただければ幸いです。読者の皆様からの貴重なフィードバックを歓迎しており、正確かつ有益な情報を提供できるよう努めてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

Elastic Load Balancingとは

はじめに

Elastic Load Balancing (ELB) は、トラフィックの分散を行うための重要なサービスです。この記事では、AWS認定試験に出題されるポイントに焦点を当て、ELBの基本機能、種類、および使用方法について解説します。

ELBの基本機能

ELBは、以下の主な機能を提供します。これらは認定試験でも重要なポイントです。

  • トラフィックの分散:複数のターゲット(EC2インスタンスなど)にリクエストを均等に分散し、アプリケーションの可用性とパフォーマンスを向上させます。
  • ヘルスチェック:インスタンスの健康状態を監視し、異常がある場合はトラフィックを他の正常なインスタンスに自動的に転送します。
  • スケーラビリティ:トラフィック量に応じて自動的にスケールアップやスケールダウンを行います。
  • セキュリティ:SSL/TLS暗号化をサポートし、安全な通信を確保します。

ELBの種類

AWSでは、以下の3種類のロードバランサーを提供しています。各種類の特徴とユースケースは試験に頻出するため、しっかり押さえておきましょう。

  1. Application Load Balancer (ALB)
    • レイヤー:アプリケーションレイヤー(レイヤー7)
    • プロトコル:HTTP、HTTPS、HTTP/2
    • 特徴:パスベース、ホストベース、クエリ文字列ベースのルーティングが可能。WebSocketをサポート。
    • ユースケース:マイクロサービス、コンテナベースのアプリケーション
  2. Network Load Balancer (NLB)
    • レイヤー:ネットワークレイヤー(レイヤー4)
    • プロトコル:TCP、UDP、TLS
    • 特徴:超低レイテンシーと高いパフォーマンスが特徴。送信元IPアドレスの保持が可能。
    • ユースケース:超低レイテンシーを要求するアプリケーション、金融トランザクション、ゲーム
  3. Classic Load Balancer (CLB)
    • レイヤー:アプリケーションレイヤーとネットワークレイヤー(レイヤー4およびレイヤー7)
    • プロトコル:HTTP、HTTPS、TCP
    • 特徴:旧世代のロードバランサー。基本的なロードバランシング機能を提供。
    • ユースケース:既存のアプリケーションでの使用が一般的

ELBの設定と使用方法

ELBを設定する際の基本的な手順を理解することも試験対策に有用です。

  1. ロードバランサーの作成
    • AWS Management Consoleにアクセスし、「EC2ダッシュボード」から「Load Balancers」を選択。
    • 「Create Load Balancer」をクリックし、ALB、NLB、CLBのいずれかを選択。
  2. リスナーとルーティングの設定
    • リスナーを設定し(例:HTTP、ポート80)、ターゲットグループを作成。
    • ALBの場合、パスベースやホストベースのルーティングを設定可能。
  3. ターゲットの登録
    • ターゲットグループにEC2インスタンスを登録し、ヘルスチェックの設定を行います。
  4. セキュリティグループとリスナーの設定
    • ロードバランサーに関連付けるセキュリティグループを設定。
    • リスナーごとにSSL証明書の設定を行い、安全な通信を確保。

認定試験のポイント

認定試験では、以下の点に特に注意して学習しましょう。

  • 種類とユースケース:ALB、NLB、CLBの違いとそれぞれの適切なユースケースを理解。
  • ヘルスチェックの設定:ヘルスチェックの重要性と設定方法。
  • セキュリティ:SSL/TLSの設定とセキュリティグループの設定。
  • スケーリングと可用性:オートスケーリングとの連携と複数アベイラビリティゾーンでの配置。

まとめ

Elastic Load Balancingとは?AWS認定試験対策

AWS Elastic Load Balancingは、アプリケーションのパフォーマンスと可用性を向上させるための重要なサービスです。認定試験では、ELBの種類、機能、および設定方法についての理解が問われます。この記事を参考に、試験対策を進めてください。

次回の記事では、「Amazon CloudFront」について詳しく解説します。お楽しみに!

参考

・AWS公式
https://aws.amazon.com/jp/elasticloadbalancing/

【おすすめの参考書】

リンク先からご購入いただき、サイト運営をご支援いただけますと幸いです…

\タイムセール中/
Amazonで探す
\お買い物マラソン開催中/
楽天市場で探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました